病気になるリスクを軽減するために、今すぐ実践したい身近な生活改善法

Pocket

病気に負けないライフスタイルを継続的に行っていくことで、病気リスクを減らすことができます。
そのためには、現在の悪いライフスタイル改善を図っていきましょう。

健康的な生活習慣のためのポイントはズバリ、睡眠・食事・運動です。
これら3つがバランスよく行われていることに負けない病気はありません。
正しい生活習慣が病気のリスク軽減につながるのです。

では、一つ一つのポイントで心がけるべきことを整理していきましょう。
まずは睡眠。
人間は人生の3分の1を睡眠に充てていると言われています。
しかし、その時間を惜しんではいけません。

睡眠中に人間の体はホルモンを放出することで、病気のリスクを減らしているからなんです。
適度な睡眠によりガン、脳卒中、心臓病、さらには肥満を防止しているのです。
ここで重要となるのが適度な睡眠量。

6時間半~7時間の睡眠が最も長生きしやすいとされています。
多く寝れば寝るほど良いと思っているならばそれは間違いです。
睡眠時間が8時間から睡眠過多と言われ、寝すぎによる健康リスクは睡眠時間が5時間半未満の人よりも高いのです。
多すぎず少なすぎずを心がけてください。

次に食事法です。
健康な食事というと、野菜を摂ればいいなんて思っていませんか。健康な生活のためには海藻やキノコ類なども重要な役割を果たします。
例えばお昼ご飯のおにぎりに海苔をまくだけでもよいのです。
これは実践しやすい簡単健康法ではないでしょうか。
でも毎日毎日食材に気を遣ってられないという方も多いでしょう。
食事で心がければよいのは「色」です。
いちいち野菜の種類を考えなくとも、その日の食事に様々な色が入っていれば、また足りない色味を補っていけば自然と栄養バランスは揃ってくるんです。

最後は運動です。
これは毎日頑張るのがきつくて途中で挫折してしまう人の多い難関ですね。
しかし、改善法実践にあたってハードな運動をする必要はないのです。
一駅分歩いてみる、好きな運動から始めるなど、無理をしないように生活に運動を取り入れていきましょう。

さあ、3つの健康的改善法は試してみる気になりましたか。
病気リスクを気にするあまりリスク回避病にかかってはいけませんよ。

あくまで「身近な方法病気のリスク」ですからね。寝ること、食べること、運動すること。
どれも基本的な生活の営みですが、一つ一つのルールを守っていくことで自分の生活の質を高めていきながら楽しく健康になっていきましょう。