家族の債務整理、保証人になっている場合は

Pocket

借金の額が大幅に減る、もしくはまったくなくなることもあるのが債務整理であり、生活の基盤を立て直すことに貢献する国の救済措置になります。
主債務者が返済できなくなった時に代わりに返済するのが保証人です。
家族が保証人になっており、借金がそのまま降りかかることになるケースもあります。

もちろんそのようなケースの時も債務整理を行うことが可能です。
ただ相手を信用して保証人になり、裏切られたわけですから、今後の関係は悪化するのは必至です。

自身の借金で債務整理を行った場合、保証人になることは難しいです。
これは事故情報が、信用情報機関に掲載されますので、保証人になることができません。
お金を借りている主債務者がもしものときの代わりにお金を返す人になりますので、事故情報が掲載されると難しくなるでしょう。
当然なっている場合は、債権者にとってみればリスクになりますので、主債務者にも迷惑が掛かる可能性があります。

また名義人が保証人となり、債務整理を行っても家族には影響がありません。
ただ名義人が親である場合、生活が根本的に変わることがありますので、生活を立て直すためにも制約しなければならないこともあるでしょう。
特に自己破産や個人再生となると、家族の協力が必要になりますので、家族で取り組まなければならない問題になります。