雪が多い地域での太陽光発電

Pocket

太陽光をソーラーパネルで電気に変えることを太陽光発電と言います。
燃料を使用せずに発電が可能の為、地球に優しく空気を汚染することがない為、企業だけではなく一般家庭での導入も増えてきました。
仕組みとしては、一言でいうと、太陽電池モジュールによって太陽エネルギーを電力に変換します。
実際に使用できる電力は、流れてくるランダムな電気を、安定し出力できるように調整されたものなのです。

そんな太陽光発電ですが、雪が多い地域では使えないのでは?という疑問をよく耳にします。
雪は、生活をする上でも時に大敵となるものですので、太陽光発電にとってもあまりいいものとは言えないのが正直なところです。
しかし、トラブルを防ぐための対策をしっかりと練っておけば、雪が多い地域でも全く問題なく使用でき、豪雪地域での太陽光発電導入率が低いというデータも特にありません。
対策の例としては、積雪に備えパネルを少し高く設置したり、傾斜角度をきつめにしたりするなどがあります。
また、最近では融雪機能付の太陽光発電システムもありますので、余裕がある場合はそちらの導入もおすすめです。
落雪の際も周りの人に迷惑をかけないような対策を考える必要があります。