包茎手術するとペニスが大きくなる?!

Pocket

剥けるのだから問題なし、では済まされない仮性包茎日本人成人男性の7割弱が仮性包茎であり、ペニスの亀頭部分に皮をかぶって湿っていることから細菌等が繁殖しやすく女性からしたら性行為をする際にキレイにしておいてという思いがあるでしょう。
また、皮がむけない真性包茎などは衛生面の問題だけでなく射精などの機能の観点からも包茎への対処が必要となるでしょう。
このような衛生面や性行為の問題等のために包茎手術を行うことが多々ありますが、あくまで衛生面や男性機能の回復を目的としています。

では世間で言われているように包茎手術によりペニスの大きさを大きくするという機能があるのでしょうか。
ペニスの大きさで女性に満足感を与えられていないという場合には興味がわく話題です。
この疑問については結論としては包茎手術そのものでは大きくなるとは言えないが、ペニスを膨らませる増大手術と長くする長茎手術という2種類の方法が提供されています。
まず膨らませる手術ですが、ペニスの皮を切るという手術がありますが、この点では包茎手術と同じですがそれに加えて亀頭にかぶっていた皮を切除した後に亀頭部分をより露出させるという処置を行うことになります。
包茎手術に少しだけ手を加えるということで対応できる手術となっています。
これに対して皮を切らない場合は、ヒアルロン酸注入やシリコンを注入することにより全体的に膨らむという方法があります。
この方法は完全にむけていることが前提となるので包茎の場合にはこの施術の前に包茎手術を行うという場合もあるのでその手術そのもので大きくなるという誤解を受けやすくなるのです。
さらに長くする方法ですが、これは体内に隠れた陰茎を前に引き出すというもので包茎手術そのものとは関係ないものと言えます。
以上より、包茎手術だけでなくそれに加えて少々の施術をすることでペニスは大きくなるという結論になります。