パソコンやテレビの液晶画面をお掃除!実はデリケートゾーンです

Pocket

電源スイッチを切るだけではなく、コンセントから抜いておく

パソコンやテレビの液晶画面、チェックしてみると汚れがついていることがあります。
定期的に掃除をしておかないと、汚れがなかなか落ちにくくなるため、画面の汚れをきちんと落としましょう。

液晶画面が熱をもっていると水分が乾き、拭き跡が残りやすくなるため電源スイッチを切るだけでなく、コンセントからも抜いておきましょう。
また、電源を切ってしばらく時間を置いてから掃除をしましょう。

静電気による埃の再付着を防ぐことにもなります。

電源を切っておくことで画面に付着している汚れが見えやすくなるため、掃除がしやすくなるのはメリットといえます。
掃除をするなら一番やりやすい状況にしてできるだけ短時間でスムーズに掃除を終わらせましょう。

表面の埃は、柔らかい素材で払うように取りましょう

液晶画面はかなりデリケートです。
汚れを落とせればいいと適当な布や洗剤などを使用して強い力でこすってしまうと画面をきれいにするどころか、傷つけてしまう可能性があります。

画面の表面についている埃はしっかりと落とすようにしましょう。
埃が残っている状態で画面を拭いてしまうと画面に付着している埃によって画面を傷つける原因になり、汚れを落としても画面そのものに傷が残ってしまいます。

掃除をする場合には、モップや柔らかいブラシで傷をつけないように優しく画面を拭くことが大切です。
市販されている専用のブラシなどを使用して埃を払うというのも一つの手段です。
埃が残らないように全体的にしっかりと埃を払うようにしましょう。

注意!これを使ってのお掃除は絶対ダメ!

液晶画面をお掃除

液晶画面をお掃除

机やちょっとした汚れなどを落とすために除菌ウェットティッシュを使用することがあります。
ですが、液晶画面などの場合の汚れを落とすのに使用してはいけません。

除菌ウェットティッシュにもアルコールが含まれているため、アルコールの成分が画面の特殊加工を傷める原因になります。

また、洗剤には研磨剤入りのものがあるため、これも画面を傷める原因となるため、注意が必要です。
その他にもティッシュペーパーやキッチンペーパーなどにも研磨剤が含まれている商品も多いため使用してはいけません。

画面の表面を傷つけてしまうと修復ができなくなるため、表面のコーティングを傷めないように掃除をすることを心がけ、アルコール、研磨剤などの含まれたもので掃除をしないように気をつけましょう。

カメラ用クロスやメガネ拭きなどで、同じ方向へ拭き取る

画面を拭く時には同じ方向へ、軽く拭うように拭き取るようにしましょう。
使用するのはクリーニングクロスやメガネ拭きなど、できるだけ柔らかい素材のもので液晶画面を拭き取ることが大切です。

ある程度、拭き取ったらこまめに汚れを落とすために布を洗うようにしましょう。
画面の汚れ具合によっては、布に汚れがかなり付着してしまうためせっかく拭き取った汚れが再度、画面に付着してしまうことがあります。

汚れが再度付着するのを防ぐために、ある程度汚れがついたら洗うことも大切です。
画面がきれいになるまでこまめに洗うことと拭き取ることを繰り返し、汚れを落としていきましょう。

この時も画面を傷つけないように優しく拭き取るように意識しながら掃除をすることが大切です。

汚れがなかなか落ちない場合は…

液晶画面を掃除する場合には、電化製品であるということを忘れてはいけません。
画面を拭く際に通風孔や隙間から水分が入らないように、注意して掃除することを心がけるようにしましょう。
洗剤が乾ききらないうちに乾いた布で拭き取ることで画面をきれいにすることができます。

ただし、頑固な汚れがある場合には、布に少量の中性洗剤を含ませ丁寧に拭き取るようにしましょう。

汚れが落ちないからとあまり強くこすらないように注意しながら、何度か丁寧に優しく拭き取ることで画面の汚れを落とすことが大切です。

液晶画面を傷つけないように注意すること、丁寧に汚れを落とすこと、そして画面を傷つけるようなアルコールの成分、研磨剤を含む物を使用しないことが液晶画面を掃除する場合には重要なポイントといえるでしょう。